So-net無料ブログ作成

ダムヌンサドアク 水上マーケット(Damnoen Saduak Floating Market) [FUJI X-M1]

Sawasdee krap!
前回更新のタイのメークロン線・メークロン市場(Maeklong Railway Market)に続いて、今回はメークロンから車で約20~30分ほどの有名なダムヌンサドアク水上マーケット(Damnoen Saduak Floating Market)での撮影分です。

もっと時間があってゆっくりと回れたら良かったのですが、なにせ帰国当日に無理して連れて行ってもらっており文句は言えません。というよりも、タイの方に本当に良くして頂いていて感謝です。

メークロン市場でもそうですが、ここ水上マーケットでもタイの活気やタイの方々の逞しさ感じます。
一緒に行ってくれたタイ人の方が、途中ココナッツジュースや焼きそばや焼き菓子など、色々と買ってくれて食べ物も大変良かったです。ついつい食べる時は夢中になって、食べ物の写真撮ってないんですが(笑)。
いつも食べ物はこのパターン...。

そういえば、新しく発売されたPENTAX K-3Ⅱのカタログの中がタイでの撮影カットが多く含まれており、水上マーケットの写真がサンプルに載っていて驚きました。時間があれば、船の上でも陸地からでも一日撮影してられそうです。仕事ではなく撮影メインでゆっくり来てみたい。いつもそう思わされます。

今回持参したのが、FUJI X-M1にXF23mm、XF35mm、XC16-50mm。もう少し焦点距離が長いレンズが欲しいところでした。っと、またまたレンズ沼への誘いが。





150425-131634-DSCF9435_R.jpg
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens: FUJINON XC16-50mmF3.5-5.6 OIS



150425-133608-DSCF9457_R.jpg
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens:FUJINON XF35mmF1.4 R



150425-133633-DSCF9459_R.jpg
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens:FUJINON XF35mmF1.4 R



150425-133041-DSCF9451_R.jpg
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens:FUJINON XF23mmF1.4 R



150425-133649-DSCF9460_R.jpg
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens:FUJINON XF35mmF1.4 R



ということで、Khob khun krap!






タイ・メークロン市場(Maeklong Railway Market) [FUJI X-M1]

前回更新が2015年1月11日。その後年間でも非常に仕事が忙しい時期に突入し、ズルズルと気が付けばGWです。仕事が忙しかったこともありますが、なんとなく撮影意欲が湧かなかった時期でもありました。レンズ買った直後だったのですが(笑)。

さて、本日掲載分は4月に出張で訪れたタイのメークロン線・メークロン市場(Maeklong Railway Market)と次回メークロンからほど近い有名なダムヌンサドアク水上マーケット(Damnoen Saduak Floating Market)でのカットを掲載したいと思います。

帰国便が土曜日の午後になってしまったため、現地のスタッフが午前中空港へ行く前にわざわざ遠回りして連れて行ってくれました。早朝ホテルをチェックアウトし、最初にメークロン駅周辺へ行きました。着いた時はさほどではなかったですが、ローカルフードを朝食に取った後市場へ戻るとすごい人でした。
日本じゃ考えられないですよね、絶対に。線路が市場になっていて、列車が通過するときだけ市場がたたまれるなんて。でも、タイの人の逞しさ、力強さを感じます。

今回の出張へはずっとどのカメラを持って行くか悩んでいたのですが、大型ビジネスバックへ収まる小型のカメラバックを購入してFUJI X-M1にXF23mm、XF35mm、XC16-50mmをどうにかコンパクトに押し込んで行きました。かなり重かったですけどね(笑)。
プラス最近JPEG撮って出しでなく、RAWからの現像に少しハマっていて、今回掲載分もRAWから展開したものです。

2015年1月以降機器の体制は変わらずですが、相変わらずコンデジの追加、Xシリーズの上位機種追加、XFレンズ購入と物欲に悩まされています。さてさて、どこへ落ち着くやら。




【メークロン駅】 メークロン鉄道の終着駅。ここで列車は折り返しです。
150425-102702-DSCF9362_R.jpg
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens:FUJINON XF23mmF1.4 R



【メークロン駅】 駅構内から市場側に向かって
150425-102906-DSCF9365_R.jpg
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens:FUJINON XF23mmF1.4 R



【メークロン駅】 時間はなんとかわかりますが、他はわかりません...。
150425-103314-DSCF9369_R.jpg
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens: FUJINON XC16-50mmF3.5-5.6 OIS



【メークロン駅】 駅構内。のんびりとした時間が流れます。
150425-103351-DSCF9371_R.jpg
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens: FUJINON XC16-50mmF3.5-5.6 OIS





【メークロン市場内部】
150425-101610-DSCF9353_R.jpg
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens:FUJINON XF23mmF1.4 R



150425-101628-DSCF9354_R.jpg
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens:FUJINON XF23mmF1.4 R



150425-102342-DSCF9360_R.jpg
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens:FUJINON XF23mmF1.4 R



完全にレールが通路と化してます(笑)。
150425-112338-DSCF9385_R.jpg
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens:FUJINON XF23mmF1.4 R



150425-113357-DSCF9389_R.jpg
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens:FUJINON XF35mmF1.4 R






【いよいよ列車接近】市場内が騒がしくなり、片付けが始まります。
150425-114501-DSCF9393_R.jpg
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens: FUJINON XC16-50mmF3.5-5.6 OIS



150425-114741-DSCF9400_R.jpg
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens: FUJINON XC16-50mmF3.5-5.6 OIS



150425-114745-DSCF9401_R.jpg
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens: FUJINON XC16-50mmF3.5-5.6 OIS



野菜の上、列車通過してます(笑)。
150425-114803-DSCF9404_R.jpg
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens: FUJINON XC16-50mmF3.5-5.6 OIS




皆様のブログ訪問できておらず大変申し訳ございません。GW中、色々とお邪魔できればと思っています。


やっちまったなぁ~ XF23mmF1.4 R編 [FUJI X-M1]

この年末年始は、仕事・私事とも大変忙しく加えて年明けに大変世話になった叔父が亡くなったりと本当に慌ただしく過ごしております。ブログへご訪問頂いていた皆様のところへもお邪魔できず大変申し訳ありません。

昨年の12月上旬には、FUJINON XF35mmF1.4 Rをすでに購入していましたが、その写りの良さに惹かれてしまい、あろうことかXF23mmF1.4 Rまで購入してしまいました。やっちまったなぁ~(笑)。あんなにKマウントとの2マウント体制には本格的に突入しないようにと思っていたのに...。沼の主まっしぐら~です。

折角手元に届いたものの文頭の状況で本格的に持ち出す機会が無く、ちょこちょこっと撮影するのに留まっていて、別な意味で欲求不満です。XF23mmをX-M1に付けるとどうだと言わんばかりに、やはり大きいなという印象です。特に付属の花形レンズフードを装着すると、その印象がさらに強くなります。ということで、「【F-Foto】 クラシックメタルレンズフード ブラック 62mm 『各社対応 ライカ風メタルフード』 」をAMAZONで購入。ついでにXF35mmの四角っぽいレンズキャップがすぐに外れてしまうので、同じく「【F-Foto】 クラシックメタルレンズフード ブラック 52mm 『各社対応 ライカ風メタルフード』」を購入。これだともう一つレンズに付属で付いてくる52mmの純正レンズキャップがそのまま使えます。先端が四角いXF35mmのレンズフードの印象も好きなんですが。
明日は長男クンの受験合格祈願のため、都内へ出てみようと思っているので、XF35mm、XF23mmをお供に連れて行こうかと考えています。一方でなんか最近、K-3での撮影もできていないような...。

次週からまた海外出張ですが、もしかばんに余裕があればX-M1にXF23mm、XF35mmの構成でカメラを持ち出してみようかと思案中。あんなにサブカメラのことで悩んでいたのに、今日現在は完全な2マウント体制になってしまいました。上位にボディにも手を出してしまいそうで怖い...。

そんなわけでほんの少しだけX-M1とXF23mm、XF35mmでのへなちょこ実写画像を。いつもながらにJPEG撮って出しをリサイズのみ処理しています。

どこへも行けず自宅庭で...笑。

141214-140019-DSCF8691_R.JPG
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens: FUJINON XF35mmF1.4 R
1/680s, f/2.8, -0.7, ISO200



成田山新勝寺への初詣途中にて

150104-142015-DSCF8758_R.JPG
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens: FUJINON XF35mmF1.4 R
1/1400s, f/1.8, ISO200



成田山新勝寺への初詣途中にて

150104-142457-DSCF8759_R.JPG
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens: FUJINON XF35mmF1.4 R
1/2900s, f/2, +1.0, ISO200



長男クンへの合格祈願のだるま購入

150110-151256-DSCF8777_R.JPG
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens: FUJINON XF23mmF1.4 R
1/300s, f/1.4, +0.7, ISO200



成田山参道で頂いたお餅 片手での撮影は厳しいですね。

150104-162439-DSCF8772_R.JPG
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens: FUJINON XF23mmF1.4 R
1/60s, f/1.4, ISO200



新勝寺でのご祈祷の後の夕景

150104-154316-DSCF8766_R.JPG
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens: FUJINON XF23mmF1.4 R
1/320s, f/16, -0.3, ISO200



だるま その2

150110-151339-DSCF8778_R.JPG
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens: FUJINON XF23mmF1.4 R
1/350s, f/1.4, +0.7, ISO200



帰り道 定番の川豊さんでうなぎを頂きました。
この時間だとようやく空き始める感じです。

150110-174219-DSCF8790_R.JPG
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens: FUJINON XF35mmF1.4 R
1/60s, f/1.4, -1.0, ISO800




XF35mmF1.4 R 初陣 [FUJI X-M1]

先日の記事に書いていましたが、フジノンレンズ XF35mmF1.4 Rを購入しました。先週手元には届いていたのですが、ゆっくり持ち出す時間が無くていつもながら買い物ついでに近所で試し撮りしてきました。
X-M1とXF35mmの組み合わせもなかなかです。いまだにX-E2やX-Pro1(後継も?)も考えていますが、K-3をメインとしている今の状況では、X-M1がさらに強力なサブ機となってきました。この間ずっといわゆる高級コンデジと呼ばれる機種を追加で購入しようかと思い色々な機種を比較してきている中で、X-M1もよくこのサイズのボディの中にAPS-Cサイズのセンサーを詰め込んだなとつくづく思います。
ボディがやや貧相だし、プラスチッキーな作りも否めませんが、このサイズは確かにすごいことかもしれません。

今日の写真もすべてJPEG撮って出しで、レタッチは行っていません。XF35mmには絞り環がありますが、単焦点のXF35mmを絞り優先で使っていると、この絞り環での絞り設定が個人的にはリズムが良くて楽しいです。
AFはそんなに速い訳ではないですし、ちょっと独特な音がしますが、私は気になりません。

2マウント体制には移行しないと思っていたのですが、レンズが増えていってしまいそうで怖いです。


141207-160141-DSCF8627_R.JPG
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens: FUJINON XF35mmF1.4 R
1/105s, f/2.8, -0.3, ISO200



141207-160629-DSCF8636_R.JPG
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens: FUJINON XF35mmF1.4 R
1/180s, f/1.6, -0.7, ISO200



141214-120935-DSCF8679_R.JPG
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens: FUJINON XF35mmF1.4 R
1/450s, f/2.8, ISO200



141214-120353-DSCF8672_R.JPG
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens: FUJINON XF35mmF1.4 R
1/170s, f/4, -0.7, ISO200



141214-121114-DSCF8683_R.JPG
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens: FUJINON XF35mmF1.4 R
1/1000s, f/1.4, ISO200



141207-160721-DSCF8638_R.JPG
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens: FUJINON XF35mmF1.4 R
1/75s, f/1.4, -0.3, ISO400



141214-120549-DSCF8675_R.JPG
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens: FUJINON XF35mmF1.4 R
1/1300s, f/2.8, -1.0, ISO200



141214-121539-DSCF8687_R.JPG
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens: FUJINON XF35mmF1.4 R
1/30s, f/16, +0.7, ISO1600







シンガポールにて(X-M1) [FUJI X-M1]

2週間ほどの海外出張から帰国して、残務に追われています。気温33度のシンガポールにも、15度のソウルに滞在し、気温差にシンドイな思いながら日本へ帰国すると日本もすっかり寒くなっていました(笑)。うらしま太郎さん状態です。この秋も色々と撮影の機会を逃してしまいました。

相変わらず普段持ちのサブ機の機種選定は進まずで、今回の出張にもFUJI X-M1を持って行きました。本日掲載分は、仕事の合間で撮影したシンガポールでのひとコマです。APS-Cサイズのセンサーを積んでこのサイズよく頑張ったと思う一方で、ポケットからささっと出して撮影したいなと思うこともあり、ここのところずっと思い悩んでします。自分の撮影スタイルが明確でないから、決め手にも欠くのだと思っていますが、最終的にどこに落ち着くのやら。こうやって悩んでいるのも楽しいんですけどね。

基本はJPEG撮って出しですが、一部LRで傾き補正を行っています。


141019-103049-DSCF8412-1_R.jpg
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens: FUJINON XC16-50mmF3.5-5.6 OIS
1/125s, f/5.6, +0.3, ISO200



141019-103146-DSCF8413-1_R.jpg
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens: FUJINON XC16-50mmF3.5-5.6 OIS
1/45s, f/5, +0.3, ISO200



141019-103449-DSCF8416_R.JPG
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens: FUJINON XC16-50mmF3.5-5.6 OIS
1/125s, f/5.6, +1.0, ISO200



141019-104928-DSCF8431_R.JPG
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens: FUJINON XC16-50mmF3.5-5.6 OIS
1/450s, f/5.6, +0.7, ISO200



141019-182909-DSCF8495-1_R.jpg
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens: FUJINON XC16-50mmF3.5-5.6 OIS
1/105s, f/4.7, -0.7, ISO800



141021-000013-DSCF8510-1_R.jpg
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens: FUJINON XC16-50mmF3.5-5.6 OIS
13s, f/16, -1.0, ISO400



141021-000523-DSCF8514-1_R.jpg
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens: FUJINON XC16-50mmF3.5-5.6 OIS
6.5s, f/22, -0.7, ISO800




クローズアップレンズ試写(X-M1) [FUJI X-M1]

台風19号の影響で雨降りの今日は、室内で今日届いたクローズアップレンズを試しに使ってみました。本当は花とかを撮影したかったのですが、致し方ありません。
相変わらず出張を含めた普段携行用の小型カメラをどうしようかと、ここしばらくずっと悩んでいます。候補は、RICOH GR, FUJIFILM X30、SONY DSC-RX100M3、CANON G7X等々です。カタログスペックを見たり、サンプルを見ながら、あちらを立てればこちらが立たずと結果決定打がなく、このままX-M1にレンズを追加していくか、いっそのことX10をドレスアップして楽しんでいくか(方向は全く違いますが)などと思い悩んでいます。

そんな中よく拝読する動物写真家の小原玲先生のブログで、X30とクローズアップレンズについての記事をお書きになっているのを読み、思わずおお、これは! とその晩amazonでポチッたのでした。(X30も欲しいのですが、それ以上にクローズアップレンズに食いついちゃいました)

注文したのは、「Kenko カメラ用フィルター AC クローズアップレンズ No.5 58mm」と52→58mmと49→58mmのステップアップリング2種です。58mm径の選択は、X-M1のキットレンズ 「XC16-50mmF3.5-5.6 OIS」を使いながらもっと近接撮影をしたいと常々思っていたこと、またステップアップリングは、X10や他のペンタのレンズ群でも使ってみようかという理由からです。

とりあえず先ほどX-M1 + XC16-50mmF3.5-5.6 OIS + AC クローズアップレンズで撮影したのが下記です。
といっても程よい撮影対象が家になく、たまたま棚の上に居合わせた七人の小人から3名様にご参加頂きました(笑)。残念なことに?!顔に付いたホコリまで見えちゃっています。

いずれもJPEG撮って出しです(リサイズ処理のみ実施)。

141013-153109-DSCF8376_R.JPG
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens: FUJINON XC16-50mmF3.5-5.6 OIS
With Kenko AC Close up Lens no.5
1/30s, f/4.5, ISO640, Focal length:23mm



141013-151020-DSCF8348_R.JPG
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens: FUJINON XC16-50mmF3.5-5.6 OIS
With Kenko AC Close up Lens no.5
1/30s, f/4, -0.3, ISO640, Focal length:22mm



141013-151941-DSCF8363_R.JPG
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens: FUJINON XC16-50mmF3.5-5.6 OIS
With Kenko AC Close up Lens no.5
1/30s, f/9, ISO3200, Focal length:31mm



141013-152917-DSCF8374_R.JPG
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens: FUJINON XC16-50mmF3.5-5.6 OIS
With Kenko AC Close up Lens no.5
1/30s, f/5, ISO1000, Focal length:36mm



141013-152155-DSCF8367_R.JPG
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens: FUJINON XC16-50mmF3.5-5.6 OIS
With Kenko AC Close up Lens no.5
1/30s, f/5.6, ISO1600, Focal length:50mm



141013-152456-DSCF8369_R.JPG
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens: FUJINON XC16-50mmF3.5-5.6 OIS
With Kenko AC Close up Lens no.5
1/30s, f/5.6, ISO1600, Focal length:50mm



撮影時のカメラと被写体の距離感はこんな感じです。
同レンズのマクロ撮影時の撮影距離範囲は、広角:30cm ~ 10m、望遠:40cm ~ 10mとなっていますからかなり近づいて撮影ができます。(下記はこのレンズで望遠いっぱいの50mm時です)

141013-160806-DSCF5850_R.JPG



と言いながら、内心日常携行用のカメラについてはまったく結論が出ていないのでした...。

クアラルンプールにて(2) [FUJI X-M1]

9月の大きな会議が終わりようやくほっと一息つきたいところですが、10月からも仕事・課題が山積で気が遠くなりそうです(笑)。
さて前回は出張で訪問したマレーシア・クアラルンプールにてFUJIFILM X-M1で撮影した夜景を中心に掲載していました。今回はクアラルンプールのホテルをチェックアウトした後、夜行便の飛行機まで時間があったため少しだけ街中をブラブラした際に撮影したものです。(今回分もすべてX-M1+XC16-50mmの組み合わせでの撮影です)

クアラルンプール駅はちょっと寂れたような不思議な空間もあり、独特の雰囲気でした。前回のペトロナスツインタワー(Petronas Twin Towers)周辺とはまた違った感じですね。
電車の本数も思っているよりも多く、うまく使うと行動範囲が広がりそうです。


140913-132845-DSCF8212_R.JPG
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens: FUJINON XC16-50mmF3.5-5.6 OIS
1/60s, f/1.7, -0.7, ISO100



140913-133012-DSCF8213_R.JPG
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens: FUJINON XC16-50mmF3.5-5.6 OIS
1/180s, f/3.5, ISO100



140913-134101-DSCF8219_R.JPG
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens: FUJINON XC16-50mmF3.5-5.6 OIS
1/450s, f/4, ISO100



140913-144300-DSCF8244_R.JPG
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens: FUJINON XC16-50mmF3.5-5.6 OIS
1/110s, f/9, ISO100



140913-145141-DSCF8257_R.JPG
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens: FUJINON XC16-50mmF3.5-5.6 OIS
1/120s, f/4.5, -0.7, ISO400



140913-145443-DSCF8260_R.JPG
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens: FUJINON XC16-50mmF3.5-5.6 OIS
1/4s, f/10, -0.7, ISO800



140913-145558-DSCF8262_R.JPG
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens: FUJINON XC16-50mmF3.5-5.6 OIS
1/8s, f/5, -1.7, ISO800



先日、動作が重くなった我がWindows7機に、SATA 3.0増設カード + SSD512GBを搭載し、32bit環境から64bit環境へ移行しました。OSの起動(ログイン画面の表示まで)もあっという間になり、さらにこれまでLR5.6でJPEGへの書き出し時にずっと出ていた「not enough memory」のエラーも全く出なくなり快適です。
LR使いづらくて仕方なかったんですよね。こんなんならもっと早く移行すればよかった...。

【追加品】
■SATA 3.0増設カード(拡張ボード)
玄人志向 インターフェース SATA3I2-PCIe : 約2,400円

■SSD
Crucial CT512MX100SSD1 512GB SSD : 約21,000円

プラスSATAケーブル、電源ケーブル、ベイ変換ブラケット等々 で合計 約25,000円

CPU : Core 2 Quad Q6600の愛機、まだまだ使えそうです。




クアラルンプールにて(1) [FUJI X-M1]

久しぶりのブログの更新となりました。先週まで出張していたマレーシア・クアラルンプールでの撮影分です。
本日掲載分の夜景は、仕事最終日の夜仲間たちと食事に行き、ホテルに戻ってから一人歩いて撮影してきたものです。仕事でも記録写真用も兼用してカメラを持って行っていますが、如何せん他の荷物が多いのでカメラは最小構成となります。今回もFUJIFILMのX10とX-M1を迷った挙げ句、最終的にはX-M1を持って行きました。

クアラルンプールは7年ぶりだったのですが、凄く都会で過ごしやすいです。丁度ここへ来る前にインドネシアのジャカルタにおりましたが、ホテルでは毎晩蚊に悩まされましたが、そんなことは一切なく快適なアーバンライフです(笑)。

そんな中で撮影したペトロナスツインタワー(Petronas Twin Towers)周辺です。すべてJPEG撮って出し(サイズのみ変更)ですが、ライトアップがなかなか強くてまるでHDRを掛けたぐらいにくっきり写っています。
宇宙船のブリッジを思わせる近代的なデザインで、撮影をされている方多くいます。

毎度ながらカメラを持って海外の街をずっとブラブラしてみたいと衝動に駆られますね。
ちなみに本日の撮影分もすべて X-M1+XC16-50mmの組み合わせです。

絞り過ぎ、ギラギラし過ぎという話もありますが(笑)。最近少しばかりスローシャッターにハマってます。

140912-223035-DSCF8157_R.JPG
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens: FUJINON XC16-50mmF3.5-5.6 OIS
20s, f/22, -1.0, ISO100



140912-222836-DSCF8155_R.JPG
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens: FUJINON XC16-50mmF3.5-5.6 OIS
15s, f/22, -0.3, ISO100



140912-223617-DSCF8163_R.JPG
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens: FUJINON XC16-50mmF3.5-5.6 OIS
0.83s, f/11, -0.7, ISO100



140912-224448-DSCF8175_R.JPG
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens: FUJINON XC16-50mmF3.5-5.6 OIS
17s, f/22, -1.3, ISO100



140912-225124-DSCF8181_R.JPG
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens: FUJINON XC16-50mmF3.5-5.6 OIS
1.3s, f/6.4, -1.0, ISO100



手賀沼夕景~2014夏(X-M1編) [FUJI X-M1]

ここ数日夏とは思えないぐらいの涼しい日々が続き、天気もなんとなく冴えなかったのですが、夕方思い出したようにFUJIFILM X-M1とX10の2台体制で久しぶりに手賀沼の夕景を撮影に出かけました。直前まで曇り空で空が期待できないかな~と思いつつ、直前まで日の入りの方角と時刻をiPhoneで確認し、一帯へどのあたりへ出ようかと悩んでいました。何よりも実はPENTAX K-3を持ちだすか、X-M1・X10で行くかを一番決めあぐねていたのですが、今週発表されたFUJIFILM X30に触発されて、まだまだX10も行けるぞと自分に思い知らせたくて(笑)。
小型カメラだけですから、装備は楽チンですね。これに三脚は、Manfrotto Befreeを持って。
撮影場所では、大型のデジ一を構えている方も結構いらっしゃいましたが、結局一番最後までいたのは私でした。

ここのところ、相変わらずX-M1へのレンズの追加もできず、またX-M1では海外出張時に携行するのにやっぱり大きかったかな? と思ったり。 → でも、ASP-Cサイズのセンサーは捨てがたいしな~ → GR買っちゃうか? → でも海外出張の時とかは小型のズームが楽だし → おおっ、X30 発表されたじゃん → その値段出すならX-M1にレンズ追加すればいいか? といつもようの負のスパイラルにハマっている今日この頃です。

そんなわけで今日掲載分は、本日夕方の手賀沼をX-M1で撮影したものを時系列に。すべてのX-M1+XC16-50mmの組み合わせです。

140830-180321-DSCF8011_R.JPG
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens: FUJINON XC16-50mmF3.5-5.6 OIS
1/150s, f/3.5, -0.3, ISO200



140830-181101-DSCF8034_R.JPG
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens: FUJINON XC16-50mmF3.5-5.6 OIS
1/70s, f/5, -0.7, ISO200



140830-182733-DSCF8049_R.JPG
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens: FUJINON XC16-50mmF3.5-5.6 OIS
1/70s, f/3.5, -1.7, ISO200



140830-183813-DSCF8072-1_R.jpg
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens: FUJINON XC16-50mmF3.5-5.6 OIS
1/15s, f/3.6, -0.7, ISO800



140830-184411-DSCF8079_R.JPG
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens: FUJINON XC16-50mmF3.5-5.6 OIS
30s, f/16, -0.3, ISO100



140830-184802-DSCF8087-1_R.jpg
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens: FUJINON XC16-50mmF3.5-5.6 OIS
2.1s, f/11, -0.7, ISO800



140830-184922-DSCF8091-1_R.jpg
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens: FUJINON XC16-50mmF3.5-5.6 OIS
30s, f/11, -0.3, ISO100



140830-185345-DSCF8095_R.JPG
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens: FUJINON XC16-50mmF3.5-5.6 OIS
6s, f/11, -0.3, ISO800



140830-185613-DSCF8099_R.JPG
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens: FUJINON XC16-50mmF3.5-5.6 OIS
6.5s, f/11, -0.3, ISO800



何だか同じような写真にばかりになってしまいましたが...。
雲が低く、流れがとても速かったですね。流れてる感じ出ているかな。

東京ディズニーシーにて [FUJI X-M1]

少しの長めの海外出張やらでかなりブログの更新をサボってしまいました。この間もちょくちょく撮影はしていたのですが、なかなか写真の整理をする暇がなく、ついつい更新をサボっていました。
今日のアップ分は、そんな未整理の写真の中から先日久々に訪れた東京ディズニーシー(TDS)での撮影分です。この日は、私がFUJIFILIM X-M1、高校生の娘がFUJIFILM X10を持ち出しての撮影です。親父は一部CPLフィルターを使用しており、娘からはずるいと指摘されました 笑。おかげで夏を感じる青い抜けるような空を撮影することができました。

私のX-M1については、その後レンズを購入することもなく相変わらず、標準セットのXF27mmとXC16-50mmの2本構成です。ディズニーではもう少し焦点距離の長いレンズが欲しいと思う場面がありますね。X10とX-M1+XC16-50mmを比較すると
  【X10】
    35mm判換算 : 28-112mm 相当
  【X-M1+XC16-50mm】
    35mm判換算 : 24-76mm 相当
となりますから、遠景などもう少しだけ寄りたいと思うシーンが度々ありました。勿論撮影の仕方が人によって異なるでしょうか、一概には言えないとは思いますが、個人的にはもう少し長いレンズが欲しいかな。

140715-103917-DSCF5060_R.JPG
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens: FUJINON XC16-50mmF3.5-5.6 OIS
1/1500s, f/3.5, -0.3, ISO400



140715-111429-DSCF5068_R.JPG
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens: FUJINON XF27mmF2.8
1/110s, f/4.5, ISO100



140715-115101-DSCF5078_R.JPG
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens: FUJINON XC16-50mmF3.5-5.6 OIS
1/210s, f/5.6, ISO200



140715-133129-DSCF5086_R.JPG
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens: FUJINON XC16-50mmF3.5-5.6 OIS
1/105s, f/4.5, +0.3, ISO400



140715-135649-DSCF5092_R.JPG
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens: FUJINON XF27mmF2.8
1/480, f/4, ISO200



140715-150840-DSCF5095_R.JPG
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens: FUJINON XF27mmF2.8
1/320s, f/4.5, ISO200



140715-161857-DSCF5099_R.JPG
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens: FUJINON XC16-50mmF3.5-5.6 OIS
1/140s, f/5.6, ISO400



140715-183251-DSCF5137_R.JPG
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens: FUJINON XF27mmF2.8
1/480s, f/2.8, -1.3, ISO800



140715-183750-DSCF5143_R.JPG
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens: FUJINON XF27mmF2.8
1/300s, f/2.8, -2.0, ISO400



140715-185707-DSCF5156_R.JPG
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens: FUJINON XC16-50mmF3.5-5.6 OIS
1/250s, f/5.6, -1.3, ISO400



140715-211826-DSCF5201-1_R.jpg
Camera: FUJIFILM X-M1,
Lens: FUJINON XC16-50mmF3.5-5.6 OIS
8s, f/9, -0.7, ISO400




ここから下は娘のX10での撮影分の一部です。本人なりに色々と考えながら撮影しているようです。
X10、古い機種ですがやはり良い発色だと思います。


140715-121417-DSCF5471_R.JPG
Camera: FUJIFILM X10
1/550s, f/7.1, ISO100



140715-153145-DSCF5478_R.JPG
Camera: FUJIFILM X10
1/550s, f/7.1, -0.3, ISO100



140715-171341-DSCF5488_R.JPG
Camera: FUJIFILM X10
1/56s, f/7.1, +0.3, ISO100



140715-175625-DSCF5497_R.JPG
Camera: FUJIFILM X10
1/220s, f/7.1, +0.3, ISO100



140715-204851-DSCF5575_R.JPG
Camera: FUJIFILM X10
0.5s, f/2.5, -2.0, ISO500



こんな流れで8月の家族旅行でもX10が頑張るのでした...。
X30の話題も出ていますね。さあ、どうしますか。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。