So-net無料ブログ作成
フレブル(フレンチブルドッグ) ブログトップ

たまにはゴン太くんを [フレブル(フレンチブルドッグ)]

当ブログの「ゴン太の部屋」の”ゴン太”は、我が家のフレンチブルドッグの名前です。当初カメラで撮影した画像ともう少しゴン太くんネタをと思っていたのですが、ほぼ趣味のカメラの話題だけになってしまいました。ということで、たまにはゴン太くんにも登場願おうと今日はゴン太くんの写真です。
ご存じの方も多いと思いますが、フレンチブルドッグは一般的な犬のようにシッポがほとんどなく、シッポを振って喜びを表したりすることができませんが、その分というか顔の表情が非常に豊かで、ある意味人間臭いと私は思っています。
我が家へは2005年の12月頃にやってきましたが、我が家の子供たちも大きくなり日中家にほとんど誰もいないことが多くなり、その頃から我が家から歩いて5分ほどの義父の家で暮らしています。我が家の誰かしらが毎日会ってはいますが、その意味では我が家の犬と呼ぶには少しおこがましい状況になってしまっていて、ゴン太くんには可哀想なことをしてしまっています。一方で、義父も非常によく面倒を見てくれて朝・日中・夜と日に何度も散歩に連れて出してもらい、構ってくれていますので日中誰もいない我が家に遅くまで一人で置いておくよりは、はるかに幸せかとも思っています。




070211-150953_R.JPG

Camera : PENTAX K10D
Lens : SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO



130518-225122_R.jpg

Camera : FUJI X10 (トリミング)



080915-142220_R.jpg

Camera : PENTAX K10D
Lens : TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR DiII LD Aspherical(A16)



IMGP0476.jpg

Camera : PENTAX K10D (トリミング)
Lens : TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR DiII LD Aspherical(A16)



070211-151029_R.JPG

Camera : PENTAX K10D
Lens : SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO





ゴン太くん、デカいんですよね。よそのフレブルと比較しても一回り以上は優に大きい感じです。皮膚が弱く、アレルギーがあるので食事も大変ですが、この犬が来て初めて犬がスイカやメロン、イチゴなんかの果物が大好きということを知りました。

哀愁のゴン太君の背中 [フレブル(フレンチブルドッグ)]

前回我が家へ来たての頃のゴン太君からかなりの月日が流れた昨年のゴン太君です。
黄昏時の背中に哀愁?!が漂っています。
ちなみに会う人会う人に「でかい!」と言われます。

ゴン太君の哀愁

Camera : PENTAX K-5
Lens : FA77mm F1.8 Limited



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

出会った頃のゴン太くん [フレブル(フレンチブルドッグ)]

もうずっと前になってしまいますが、我が家に来て間もなくのフレンチブルドッグのゴン太くんの寝姿です。
まだヨチヨチ歩きなのに、こんな体勢でいびきをかいて寝る姿に衝撃?!を受けたのを覚えています。

ゴン太くん(幼少期?)寝姿1

ゴン太くん(幼少期?)寝姿2


今や巨大なゴン太くんと化しています。その姿はまた、いずれ。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット
フレブル(フレンチブルドッグ) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。