So-net無料ブログ作成

タイ・チョンブリ夕景 ~FUJI X10編~ [FUJI X10]

先週はかなりタイトな日程でしたが、タイへの出張となりました。さすがに毎日というわけではありませんが、出張の終盤仕事終わりに現地のマネージャーが1日目は、チョンブリー バンセンビーチ(BangSaen Beach)を望むレストランと、2日目は同じくチョンブリーのTha Ruea Phli Fishing Market(カタカナでどう表記していいかわかりません 笑)周辺へ夕食に誘ってくれました。1日目は、わざわざ予約してくれたようで、まさに海辺に面し海に沈む夕陽を見ながらの贅沢な時間で、タイ料理もとてもおしかったです(レストランの名前は「CHARIOT」)。

食事後は、金曜日の夜に開かれているローカルのないとマーケットへも少し立ち寄ったほか、2日目はFishing Marketで軽くつまみ食いをした後、チョンブリの中心地でローカルの人しかいないお店(お店で調理された料理を店外のテーブルで食べる感じ)で食事をし、ディープなタイローカルの日常に触れることができ、貴重な経験でした。

今回は、荷物も少なくしたかったので持参したカメラはFUJI X10とSONY RX100M3の2台。(荷物減らしたいと言いながら、二台も持って行くなという話もありますが 笑)
今日はこのうち、X10での撮影分です。RX100M3は次回。

すでにタイでは日中気温が35度ぐらいあり、かなり暑い日々でしたが、ほんの束の間海風に当たりながら素敵な夕食でした。

高感度は厳しいと思いつつ、シーン次第ではX10まだまだいい色を出しくれます。
折角なのでJPEG撮って出しで。




バンセンのナイトマーケットを海越しに望むレストランから
160318-202516-DSCF8659_R.JPG
Camera: FUJIFILM X10



160318-202630-DSCF8661_R.JPG
Camera: FUJIFILM X10



160318-210043-DSCF8674_R.JPG
Camera: FUJIFILM X10



160318-214828-DSCF8685_R.JPG
Camera: FUJIFILM X10



Tha Ruea Phli Fishing Market は海沿いにあり、ここへ続く道からは夕陽が望めます
夕陽はなんだかありきたりの写真になってしまったので、夕空が写った車の窓を...
160319-205916-DSCF8704_R.JPG
Camera: FUJIFILM X10



160319-210752-DSCF8715_R.JPG
Camera: FUJIFILM X10



マーケットの様子はやご飯は、RX100M3での撮影でしたので次回また。

FUJI X10 もまだ頑張ってます [FUJI X10]

今春は例年以上に忙しく、桜もなんとなく、さらには毎年撮影しているチューリップも撮影せぬまま過ぎてしまいました。4月下旬にはタイ出張もあり、今年は次は何を取ろうかと漠然と思っていたのですが、そうです、藤の存在をすっかり忘れていました。帰国後の休日たまたま毎年藤を撮影している手賀沼の撮影スポット脇を車で通りかかって、すでに満開になっているのを目にしてしまい気持ちは焦るばかりでしたが、GWに入って短時間でしたがようやく撮影に出かけることができました。 しかし、1日目は所用もあり夕方に、2日目は用意をして出かけたのですがあまりの強風のためほとんど撮影にはなりませんでした。

最近RAWからの現像も少し面白いと思い始めており、そういえば2011年発売のFUJIのX10のRAWって撮影はしていたもののあまり真剣にRAWから現像したことがなかったので、久々にX10をX-M1と共に持ち出しました。

2日目に至っては、いざ撮影の段階になってX-M1の電源が入らないというアクシデント発生!!!
すぐ気が付きました。前夜遅くに電池を抜いて充電したままになっていたのを。 我ながら情けない...。
ということで2日目は、強風の中 X10だけでの撮影になりました。

夕方でやや日が落ちた中や強風の中というあまり条件が良いとは言えない状況でのX10での撮影分です。

満開の藤棚の中を歩いていると本当に甘いいい香りに包まれますね。




150501-173245-DSCF8555_R.jpg
Camera: FUJIFILM X10



150501-173934-DSCF8563_R.jpg
Camera: FUJIFILM X10



150501-175208-DSCF8573_R.jpg
Camera: FUJIFILM X10



150504-131811-DSCF8590_R.jpg
Camera: FUJIFILM X10



150501-173328-DSCF8559_R.jpg
Camera: FUJIFILM X10



150504-132038-DSCF8597_R.jpg
Camera: FUJIFILM X10



150504-133248-DSCF8621_R.jpg
Camera: FUJIFILM X10





こんなX10の記事を書きながらも、本日ネット通販サイトで DSC-RX100M3 が大きく値下がりしていた
ので、ついにポチってしまいました。店頭で色々と触ってみて、操作やメニューにクセがあるものの
カスタマイズで対応できそうに感じたことも一因でした。X10も好きなカメラですが、毎日の通勤カバン
に入れると少々かさばるので、その意味でもRX100M3に期待するところがあります。


タイ・アユタヤ遺跡(Ayutthaya) [FUJI X10]

先日のタイ・バンセンビーチ(BangSaen Beach)に引き続き、今日はアユタヤ遺跡(Ayutthaya)、特にワット・プラシーサンペットの仏塔周辺のカットです。前回同様出張に持参したFUJI X10での撮影分です。たまたま日曜日の昼間に仕事が空き、訪れることができました。日中は気温が30度を優に超え、本当脱水になるかと思うほどの暑さでした。ちょうどタイは雨期が終わり、カラっとした天気でした。
このワット・プラシーサンペット夕方からはライトアップされるらしいのですが、今回観光目的で行っているわけでなくもなく、写真を趣味としていない方も一緒でしたので、わがままも言えず後ろ髪惹かれる思いで帰って参りました。仏塔がライトアップされたさぞかし綺麗でしょうね。絶対いつかリベンジを!





141123-144914-DSCF8358-1_R.jpg
Camera: FUJIFILM X10
1/170s, f/4, -0.7, ISO200



141123-154729-DSCF8441-1_R.jpg
Camera: FUJIFILM X10
1/550s, f/2.8, ISO100



141123-145235-DSCF8362-1_R.jpg
Camera: FUJIFILM X10
1/100s, f/4, ISO200



141123-150124-DSCF8375-1_R.jpg
Camera: FUJIFILM X10
1/210, f/2.8, +0.3, ISO100



141123-151347-DSCF8393-1_R.jpg
Camera: FUJIFILM X10
1/240s, f/4, +1.3, ISO100



141123-151612-DSCF8396-1_R.jpg
Camera: FUJIFILM X10
1/500s, f/2.2, +0.7, ISO100



141123-153156-DSCF8416-1_R.jpg
Camera: FUJIFILM X10
1/90s, f/6.4, +0.3, ISO100



141123-153907-DSCF8426-1_R.jpg
Camera: FUJIFILM X10
1/500s, f/2.8, +2.0, ISO100



141123-155531-DSCF8446-1_R.jpg
Camera: FUJIFILM X10
1/160, f/5.6, ISO100





せっかく手元にXF35mmが届いたのに日曜日の夕方ほんの少し撮影しただけで欲求不満です。
さてさて何を撮りに行ってみますか。と言いながら相変わらず暇が無かったり...。これがストレスとなり次の物欲がまた湧いてくる私でした。
完全に沼ですね...。



タイ・バンセンビーチ(BangSaen Beach) [FUJI X10]

あまりの忙しさに更新をすっかりサボっておりました。
今日は先月出張で訪れたタイ・チョンブリのバンセンビーチ(BangSaen Beach)でのカットです。今回の出張にもFUJI X10を持っていくか、X-M1を持っていくかをさんざん迷った挙句、仕事の荷物量も多かったのでX10を持参しました。その少し前に部下がカメラを始めたいということでヨドバシAkibaに仕事帰りに立ち寄り、結果的に一番しっくりきたと本人が言うX30を購入しました。その時に応対してくれたFUJIの販売員の方の「私もまだX10使ってます」の言葉になんだか勝手にうれしくなり、その気持ちのままX10を持ち出した部分もありました。

タイへは仕事で過去に何度も行っていますが、あまり写真を撮る機会がありませんでしたが、今回は夕食のために出かけたこのバンセンビーチと日曜日の午後に空いた時間でアユタヤ遺跡へ少し立ち寄りシャッターを切る機会がありました。本当は一眼レフ持ってゆっくりと回りたいなーと思うのは毎回のことです。

X10はいつもと少し設定を変えて、NRをかなり弱めに、シャープネスはやや強めに設定して撮影してみました。
PCの液晶モニターで見ると結構ザラついているかな。なんだか夕食時のお皿の写真ばかりになってしまいました。(一緒に食事に行った人達が撮影終わるまで待ってくれている状態でしたのでゆっくり撮れませんよね 笑)
タイのシーフードおいしいです。

Bang Saenは、金曜、土曜の夕方~夜は海辺に多くの屋台・夜店が立ち並びものすごく賑わっています。
バンコクにはものすごく多くの日本人観光客がいますが、さすがにチョンブリのバンセンまでは多く来られないようですね。




141121-201038-DSCF5982-1_R.jpg
Camera: FUJIFILM X10
1/500s, f/3.6, -0.3, ISO200



141121-201217-DSCF5986-1_R.jpg
Camera: FUJIFILM X10
1/480s, f/5.6, -1.3, ISO200



141121-202850-DSCF5987-1_R.jpg
Camera: FUJIFILM X10
1/25s, f/3.6, -0.3, ISO400



141121-203004-DSCF5989-1_R.jpg
Camera: FUJIFILM X10
1/40s, f/3.6, -0.3, ISO800



141121-203148-DSCF5990-1_R.jpg
Camera: FUJIFILM X10
1/30s, f/3.6, -0.3, ISO800



141121-203245-DSCF5992-1_R.jpg
Camera: FUJIFILM X10
1/40s, f/3.6, -0.3, ISO800




サブカメラの買い増しは結局進まない状況で、FUJIFILMのキャッシュバックキャンペーンが始まってしまったことも加わって、何とXF35mm F1.4 RをX-M1用に購入しました。
本日届いたばかりで、近所で試写しましたがなかなか楽しそうです。これからはX-M1を持ち歩くことが増えるのか。一層X-E2や値が下がってきたX-Pro1まで行ってしまおうかと何度もポチりそうになりながら、主力機のK-3側レンズに重点を置くべきかと相変わらず優柔不断です(笑)。



Around Mt.FUJI (1) [FUJI X10]

お盆を前に少し短めの夏休みを取得し、家族で河口湖、富士山近辺に泊りがけで出かけました。昨年日帰りでこのあたりへ来てから、ちょうど一年になります。

初日は前回混雑のため入園を諦めた富士急ハイランドで、絶叫マシンを体感です。
カメラもデジ一フルセット持って行っていっていましたが、この日の主役は乗り物に多く乗るだろうとバックアップに持参していたFUJIFILM X10です。(予備電池を忘れたの痛かったですが)

「ええじゃないか」を除く絶叫系と新しい「富士飛行社」も経験することができ、なかなか楽しくかつ激しかったですね。ここまでするか?という乗り物もあり、他の遊園地のコースターが可愛く感じます。

もう少し回転良く、待ち時間が短いといいんですけどね...。

そんなわけで乗り物待ちや園内を移動中に撮影した写真を。
富士山の写真は、河口湖畔の宿に夕方到着してすぐの写真です。




140807-151546-DSCF5688_R.JPG
Camera: FUJIFILM X10
1/1200s, f/4.5, +0.3, ISO100



140807-153114-DSCF5696_R.JPG
Camera: FUJIFILM X10
1/800s, f/7.1, +0.3, ISO100



140807-154056-DSCF5698_R.JPG
Camera: FUJIFILM X10
1/950s, f/8, -0.7, ISO200



140807-171726-DSCF5727_R.JPG
Camera: FUJIFILM X10
1/1600s, f/9, -0.3, ISO200



140807-185622-DSCF5734_R.JPG
Camera: FUJIFILM X10
1/210s, f/2.2, -0.7, ISO100




これは写真というよりも、「ドドンパ」の後半の垂直上昇・垂直落下のシーンです。よく見ると両手上げている方もいますね。私は、身体が空へ投げ出されるかと思いました(笑)。

140807-160934-DSCF5708_R.JPG



140807-161215-DSCF5713_R.JPG



X10 in 台湾 [FUJI X10]

ようやく明日からGW後半突入です。前半は、海外出張で台湾に滞在していたためGWという感覚が全くありませんでした。4月前半に撮ったチューリップの写真と迷ったのですが、台湾滞在中にFUJI X10で撮影した分を掲載したいと思います。
台湾は日によっては30度近くの気温となり、歩いていると汗が額から流れ落ちてくるようでした。週末の午後少し時間が空いたため、新竹市内の十八尖山までX10を片手に徒歩で歩いてきました。舐めてました(笑)。
後でGoogle Mapで測ると約11kmちょっとの行程。しかも目的地の十八尖山はアップダウンもありましたので、3時間歩いてホテルに帰りつく頃にはふくらはぎがパンパンでした。完全なる運動不足...。

台湾は本当に原付バイクが多く、若い方は勿論結構なお歳のお爺ちゃん・お婆ちゃんまで原付で走っています。私も歩きながら原付があったらさぞかし楽だろうなと思いました。

そんな思いの中久しぶりに手にしたX10で撮影です。久しぶりに使ってみるとやはり楽しいカメラです。夜間の高感度はやはりそれなりにノイズが乗りますが、個人的にはこれはこれで味があるとも思っています。




140423-215034-DSCF5306_R.JPG
Camera: FUJI X10 1/105s, f/2.5, ISO400 ~ 士林夜市にて ~ 



140423-223208-DSCF5327_R.JPG
Camera: FUJI X10 1/200s, f/2.5, +0.7, ISO400 ~ 士林夜市にて ~ 



140425-220032-DSCF5343_R.JPG
Camera: FUJI X10 1/26s, f/2.2, -0.7, ISO800 ~ 新竹 東門城 ~ 



140425-220350-DSCF5347_R.JPG
Camera: FUJI X10 1/28s, f/2.8, -0.3, ISO800 ~ 新竹 東門城 ~ 



140425-220623-DSCF5348_R.JPG
Camera: FUJI X10 1/42s, f/2.2, -1.0, ISO800 ~ 新竹市内 ~



140425-220944-DSCF5350_R.JPG
Camera: FUJI X10 1/17s, f/2.8, -0.3, ISO800 ~ 新竹市内 ~



140425-222001-DSCF5354_R.JPG
Camera: FUJI X10 1/25s, f/2.5, -1.0, ISO800 ~ 新竹市政府 ~



140426-124046-DSCF5360_R.JPG
Camera: FUJI X10 1/250s, f/2.2, +1.0, ISO200 ~ 東門城 ~



140426-132645-DSCF5381_R.JPG
Camera: FUJI X10 1/38s, f/4, -1.3, ISO200 ~ 中山公園 ~



140426-135424-DSCF5385_R.JPG
Camera: FUJI X10 1/200s, f/2.5, -1.3, ISO200 ~ 新竹 十八尖山 ~



140426-140549-DSCF5396_R.JPG
Camera: FUJI X10 1/105s, f/2.8, -0.3, ISO200 ~ 新竹 十八尖山 ~


緑鮮やかに綺麗な苔でした
140426-141218-DSCF5400_R.JPG
Camera: FUJI X10 1/180s, f/2.8, -1.0, ISO200 ~ 新竹 十八尖山 ~



140426-142146-DSCF5411_R.JPG
Camera: FUJI X10 1/240s, f/2.5, -0.3, ISO100 ~ 新竹 十八尖山 ~



140427-191758-DSCF5445_R.JPG
Camera: FUJI X10 1/350s, f/8, -1.3, ISO400 ~六家火車站(高鐵新竹站)~


台湾は食べ物も安くておいしいし、今度は仕事ではなく、ゆっくりプライベートで行きたいですね。



新宿御苑・大温室(2) [FUJI X10]

2月も仕事が忙しく、昨日海外出張から戻るような状況だったので、全くブログを更新出来ずにいました。この間、ご訪問頂き、nice! を頂きました皆様のブログへもご訪問できず大変申し訳ありません。

本日は、前回更新時にアップ用に用意していたX10での新宿御苑での撮影画像をアップしたいと思います。この日は、色々な「形」をテーマに自分では撮影をしてみました。

ぜひ、また新宿御苑・大温室は行ってみたいところです。この頃は梅が咲き出していましたが、今年はこれ以降梅をほとんど撮影することなく3月に入ってしました。

実は、2月中旬にサブカメラとして「FUJIFILM X-M1 ダブルレンズキット」を購入しました。X10の操作性・画質も非常に好きなのですが、やはりローパスレスへの興味とセンサーサイズの大型化を考えていた結果です。途中、FUJIFILM X-E2に大きく傾いたのですが、出張の際にカバンへ詰め込むそのサイズを考え、結果X-M1になりました。使用した感じでは、画質は勿論、高感度性能はかなり良い印象でした。X-M1での撮影画像はまた次回に。
FUJIのレンズ、魅力的なのですが、お値段も結構しますね。

さらには本日、ナント PENTAX K-3もついにポチってしまいました。ついに行ってしました...。忙しくて撮影に出れないと言っておきながら、これから行かない訳にはいきません。

ということで、今後これまでの機材に加えて、FUJIFILM X-M1およびPENTAX K-3での撮影画像などもアップしていけたらと思っています。




140125-123143_R.JPG

Camera : FUJI X10



140125-123546_R.JPG

Camera : FUJI X10



140125-123629_R.JPG

Camera : FUJI X10



140125-130051_R.JPG

Camera : FUJI X10



140125-131149_R.jpg

Camera : FUJI X10




まだX10で頑張ってます~新宿御苑・大温室(1) [FUJI X10]

祝日だというのに仕事の書類を家に籠って書いています(笑)。ああ、カメラ持って外へ出たい!
仕事の方が煮詰まってしまったので、気分転換にブログを書いています。

以前も同じことを書きましたが、ここしばらくも「X10」の検索でこのブログをご訪問頂く方がまだまだいらっしゃるようなので、今年に入ってX10で撮影したものを少しずつアップしたいと思います。

昨年からPENTAX K-3、K-5IIs、RICOH GR、FUJIFILM X20の買い増しで悩んでました(正確には今も悩んでいます 笑)。ただここへ来て、FUJIFILMのX-E2や最新のX-T1も気になってしまっています。X10では比べようもないかもしれませんが、FUJIFILMの発色がやはり好きです。

とは言え、2マウント体勢も辛そうだしな~⇒元の計画通り最新のK-3に行くか⇒でも、K-5IIsでも十分綺麗だからK-5IIs + X20の買い増しで行こうかな⇒X20ならX10のままでもいいかな⇒コンデジはRICOH GRにするか⇒ズームも欲しいかな⇒ならX-A1安くて綺麗だな⇒でもEVFもあった方がいいしな⇒X-E2もいいなあ⇒レンズ揃えていくには結構資金は必要だな・・・・・

なんていう状態を繰り返しながら、まだPENTAX K-5 と FUJIFILM X10で頑張っています。

今日掲載分は、1月下旬に初めて行った新宿御苑の大温室です。新宿御苑に入るのに200円ですが、これだけのものが見れるのに200円はある意味非常にお得な印象です。度々行きそうです。でも外の寒いところを散々歩いてから、汗ばむほどの大温室に入るとカメラもレンズも曇りまくりで要注意です。




140125-115824_R.JPG

Camera : FUJI X10



140125-120931_R.JPG

Camera : FUJI X10



これはかなり不本意な写真ではありますが...。
140125-121307_R.JPG

Camera : FUJI X10



140125-122938_R.JPG

Camera : FUJI X10


いつもご訪問頂いている皆様、全然ブログにお邪魔出来ておらず大変申し訳ありません。
時間を見つけてぜひお邪魔させて頂きます。


X10、ちょっと違う設定で [FUJI X10]

ここしばらくFUJIFILM X10ネタが続いています。X10での検索でこのブログをご訪問頂く方が今も思いの外いらっしゃるようなので、調子に乗ってまたX10での撮影分を2回ぐらいに分けてアップしたいと思います。

今日は、X10の「Adv.アドバンストモード」にある「ぼかしコントロール」を使った撮影です。実はこういうモードってなんとなく使う気になれず、これまであまり使っていなかったのですが、X20購入を考えるようになってから、そういえばX10にある機能でも、使っていないものが多いよな~と、半ば購入を思い留まらせるために?!使ってみたものです(笑)。

写真のバイクは、義兄殿がガレージに止めていたものをパシャりとさせて頂いたものです。少しハイキー気味になるよう意識しています。マフラーの画像は通常の「A絞り優先」で、そのほかの3枚が「ぼかしコントロール」で撮影したものです。確かに背景ボケていますが、ボケ部分がちょっとフォギーがかった雰囲気に見えて、個人的にはあまり好きではないかな。窓際のテーブルフォトなんかだともう少し違った印象になるかもしれません。

義兄殿のCB1300、カッコいいな~。



131110-143830_R.JPG

Camera : FUJI X10



131110-144510_R.JPG

Camera : FUJI X10



131110-144613_R.JPG

Camera : FUJI X10



131110-144634_R.JPG

Camera : FUJI X10




X10で晩秋の成田山を [FUJI X10]

だいぶ気温も下がって、まさに冬という感じになってきましたが、今日は成田山周辺で撮影した晩秋のスナップのうちFUJI X10で撮影したものをアップしたいと思います。
ここしばらくPENTAX K-3、K-5IIsとFUJI X20あたりをポチろうと何度もしましたが、この優柔不断な性格のため、最後のボタンを押せずに引き返しています(笑)。いいカメラ持ったら、いい写真が撮れそうだという自分の中の幻想を戒めつつ、でも今日も各カメラの価格をチェックしている私でした。

X10については、出張の際に持って行くこともあったり、本当は普段からかばんに入れておきたいのですが、それには少し大きくて。でも、個人的には操作感や何よりもFUJIの発色が好きで、コンデジについてはこの系統で行きそうに思います。このブログでもたまにRAWからJPEGに書き出すこともありますが、多くは撮って出しのJPEGをリサイズするだけなので、その点からもFUJIの発色は好みです。

この日は息子の学校行事の関係で成田へ行ったのですが、午前中で丁度方角的に逆光が優しく、なかなか楽しい時間でした。シダの葉っぱ、何だか好きでついつい撮影してしまうのですよね(笑)。

さすがに紅葉はもうほぼ終わりで、所々に見られるだけでした。



131214-103600_R.JPG

Camera : FUJI X10



131214-110245_R.JPG

Camera : FUJI X10



131214-110418_R.JPG

Camera : FUJI X10



131214-111802_R.JPG

Camera : FUJI X10



131214-110723_R.JPG

Camera : FUJI X10



131214-113324_R.JPG

Camera : FUJI X10



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。